logo

日常業務で活用しているPCやスマホは“かなり古い”--日本の働き方改革に課題

佐藤和也 (編集部)2018年03月14日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガートナー ジャパンは、主要先進国7カ国で実施したデジタル・ワークプレースに関する調査結果を、3月12日付けで公表した。それによると、ガートナーが2017年4月に実施したデジタル・ワークプレースに関する国際比較調査の結果、日本では他の先進国に比べてITスキルが低く、IT装備が古いという結果が出るなど、働き方改革を実現していくうえで、さまざまな問題があることが明らかになったとしている。

 業務用途のデジタル・テクノロジのスキルに関する自己評価について、日本は自分を「素人」ないし「中程度」のレベルと考える従業員が6割近くを占めており、調査した7カ国中、最も自己評価が低い結果になったという。逆に、「熟練」「エキスパート」の合計値が最も高かったのは、米国の77%(熟練61%、エキスパート16%)としている。

業務用途のデジタル・テクノロジのスキルに関する自己評価
業務用途のデジタル・テクノロジのスキルに関する自己評価

 日常的に業務で利用しているPC、スマートフォンを含む携帯電話、業務用アプリケーションなどについて、どれくらい新しいものを使っているのかについては、日本は「かなり古い」と「2~3世代遅れ」を合わせた回答率(36%)で、他国と比べて最も高い結果となった。最新の装備を利用している割合が高い国はフランス(43%)、次いでシンガポール(38%)という。

業務用途デバイスとアプリケーションの満足度
業務用途デバイスとアプリケーションの満足度

 デジタル・スキルを獲得するための手段と機会について、日本は「関心なし」が16%で他国よりも高く、また他国は日本以上にデジタル・スキルの獲得に注力していることが見受けられるとしている。

デジタル・スキルを習得するための手段や機会
デジタル・スキルを習得するための手段や機会

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]