logo

グーグル、高度なメッセージ体験を実現するRCSサービスを拡大

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2018年02月23日 15時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間2月22日、企業の顧客向けメッセージに「Rich Communication Service」(RCS)を利用するためのアーリーアクセスプログラムを拡大し、新規企業が加わったと同社ブログで発表した。

 この拡大により、米国とメキシコにおける食品や旅行、小売り、配送といった業界の一部企業が、従来のSMSによるメッセージをRCSによってアップグレードする。これによりブランディングを強化するとともに、リッチなメディアを取り扱い、対話性を向上させ、アナリティクス機能を手にできるようになる。RCSメッセージングの目的は、企業が電話番号で送信するSMSのテキストメッセージよりも優れたエクスペリエンスを提供するというものだ。

Booking.comによるRCSメッセージの例
Booking.comによるRCSメッセージの例
提供:Google

 Googleは既に米国でSprintと提携し、コンタクトレンズ小売り業の1-800 Contactsや、花やグルメフードのギフトを手がける1-800-Flowers.com、宿泊予約業のBooking.comやSnapTravel、ファストフードのSubwayといった企業がRCSメッセージを送信できるようにしている。またGoogleは、メッセージングパートナーとして、3CやCM.com、Mobivity、OpenMarket、Smooch、Twilioの名前も挙げている。

 Googleによると、「Android OS」の「Message」アプリを使用して企業からのテキストメッセージを受信している顧客には、自動的にエクスペリエンスの向上がもたらされるという。

 2016年、SprintはGoogleと提携し、RCSベースのSMSという、Android上で「iMessage」に対抗するメッセージングサービスを提供する米国初の通信事業者となった。Googleは同ブログに、現在では40を超える通信事業者とデバイスメーカーが、AndroidのMessageアプリを通じて、RCSプラットフォームを使用していると記している。

 Googleは、今後数カ月のうちに、RCSメッセージングサービスをより多くの企業にもたらすと約束している。スペインのバルセロナで現地時間2月26日に開幕する「Mobile World Congress 2018」で、さらなる詳細が発表されるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]