logo

アドウェイズ、越境EC事業者による台湾への広告出稿をサポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドウェイズは2月19日、健康食品やコスメを主軸とする単品リピート通販における、台湾向け広告出稿支援を本格的に開始したと発表した。

 同社のグループ会社で、海外配送サービスを手がける楽一番の実績によると、2017年の台湾向け配送取扱量は、前年比190%増とほぼ倍増。また、全世界で占める割合は21%に達しているという。さらに、同社の実績においても、単品リピート通販における台湾向け広告出稿量は、出稿開始月から2カ月間で約15倍増加しており、今後も拡大が見込める市場であるという。

 このような背景を踏まえ、単品リピート通販における台湾への広告出稿支援を本格的に開始した。これにより、現地のランディングページ制作を始め、成果報酬型広告を含む、総合的な広告出稿を支援することで、EC事業者は日本と同様に台湾への広告出稿が可能となるとしている。

 さらに、アジアンブリッジと協業することで、単品リピート商材を扱うEC事業者の台湾におけるフルフィルメントをワンストップでサポート。台湾進出からマーケティングまで、全面的に支援できる体制を整えた。

 今後は、同社の持つ広告出稿の実績とノウハウ、アジアンブリッジのフルフィルメント事業を相互活用し、両者の強みを共に生かすことで、台湾進出を狙う単品リピート通販事業者の売り上げ拡大を支援するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]