logo

Facebook、一般データ保護規則の施行前に新プライバシーツール導入へ

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年01月26日 12時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは、欧州で一般データ保護規則(GDPR)が施行される前に、20億人のユーザーが自分のデータを今よりも管理しやすくする計画だ。

 5月に施行される欧州連合(EU)のGDPRは、EU市民が自分の情報と企業によるその利用方法をもっと管理できるようにすることを目的としている。

 現地時間1月23日にブリュッセルで開催されたFacebookのイベントを伝えるReutersの記事によると、最高執行責任者(COO)のSheryl Sandberg氏は次のように述べた。「1カ所でFacebookの主要なプライバシー設定を行い、人々が自分のデータをもっと簡単に管理できるようにする、新たなプライバシーセンターを全世界でリリースする」

 Facebookは長年、ユーザーのプライバシーと複雑な関係にある。プライバシーポリシーのさまざまな改定をめぐって批判の的となり、米連邦裁判所での訴訟の脅威に直面してきた。

 新法のGDPRは、個人データの処理と保存に関する規則を厳格化し、個人データを利用する前に明確な同意を求めるよう企業に義務づけるものだ。企業は、個人データのコピーをユーザーに提供できるようにしなければならず、データ流出を72時間以内に報告する義務がある。

 「Facebookのアプリは長年、人々に透明性と管理権限を与えることに焦点を合わせてきた。このことは、GDPRのすべての要件を満たし、プライバシーを保護する製品や教育ツールへの継続的な投資を促進する、格好の土台となる」(Sandberg氏)


Emmanuel Macron仏大統領(写真左)と会談するSheryl Sandberg氏
提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]