logo

BASEが総額15億円の資金調達--新会社「BASE BANK」を設立、決済事業も分社化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BASEは1月4日、既存株主であるグローバル・ブレインと新規株主となるマネーフォワードを引受先とした第三者割当増資で、総額15億円の追加資金調達を完了したと発表した。


 また、同日付けで決済事業を分社化。支払いアプリ「PAY ID」および、オンライン決済サービス「PAY.JP」を運営する100%子会社「PAY」を設立した。資本金は5000万円。代表取締役CEOには、PAY.JP、PAY IDの前身となったピュレカを設立した高野兼一氏が就任する。

 そのほか、新規事業を手がける100%子会社の新会社「BASE BANK」も同日に設立しており、事業詳細については後日改めて発表するとしている。

 なお、今回の資金調達により、組織基盤の強化を目的とした人員拡充を実施するほか、ECプラットフォーム「BASE」および、PAY ID、PAY.JPの事業拡大、プロダクト開発、マーケティング強化を図るという。


 また、マネーフォワードとは資本業務提携を締結。FinTechサービスの開発をはじめ、これまで以上に事業者支援の幅を拡大し、PR・マーケティングから確定申告・会計など全方位的に中小規模事業者をサポートするという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]