logo

サムスンとLG、低価格の新型スマートフォンを1月のCES 2018で発表か

Gordon Gottsegen (Special to CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年12月19日 11時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスン電子とLG Electronicsの両社は、2018年1月に米国のラスベガスで開催されるCES 2018において新型の低価格スマートフォンを発表する見込みだ。

 韓国のニュースサイトETnewsによると、サムスンからは2018年モデルの新型「Galaxy A8」と「Galaxy A8+」の発表が、LGからは次世代Kシリーズ端末の発表が見込まれるという。発表の詳細な日程は明らかにされていないが、CESは年明けすぐの米国時間1月9日から12日に開催される。

 近年のCESでは、スマートホームアプライアンスに注目が集まっている。一方で携帯電話メーカーは、毎年2月下旬にスペインのバルセロナで開催されるMobile World Congress(MWC)に軸足を戻しつつある。CESに出展される端末も確かにあるが、最近ではエントリーレベルかミッドレンジ端末、もしくは他国ですでに発売されたデバイスの米国版などが多い。

 サムスンのGalaxy AシリーズもLGのKシリーズもこの特徴に当てはまる。どちらの製品とも両社の主力となるフラッグシップモデル、例えば「Samsung Galaxy S」シリーズや「Samsung Galaxy Note」シリーズ、もしくは「LG G」シリーズや「LG V」シリーズといった派手さはないが、手頃な価格帯にある。LGおよびサムスンが最新のKシリーズやGalaxy AシリーズをCES 2017で発表したことは指摘しておくべきだろう。CES 2018でもこれらのシリーズが発表されるとしたら、この傾向が続くことになる。


サムスンが2017年に発表したGalaxy Aシリーズ。
提供:Aloysius Low/CNET

 サムスンの新Galaxy Aシリーズは次のような機能を搭載するのではないかと言われている。

  • アスペクト比18:9のスリムベゼル型AMOLED「Infinity Display」(Galaxy S8に近い)
  • 「Bixby Home」「Bixby Reminder」のような人工知能(AI)機能
  • モバイル決済機能「Samsung Pay」
  • 指紋認証
  • マルチタスク機能の分割画面とポップアップビュー

 Galaxy A8とされる画像がオンラインで公開されているが、A8の外観がGalaxy S8に似ているといううわさは正しかったようだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]