logo

楽天LIFULL STAYとハイアスが業務提携、民泊向け戸建型宿泊施設を供給

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天LIFULL STAYは12月15日、ハイアス・アンド・カンパニー(以下、ハイアス)と、民泊向け戸建型宿泊施設の供給において業務提携すると発表した。


 楽天LIFULL STAYは、楽天グループの民泊事業会社として、民泊・簡易宿所向けのブランディングと運用代行サービス「Rakuten STAY」を提供。新たに同サービスのサブブランドとして、一戸建てタイプの宿泊施設ブランド「Rakuten STAY HOUSE」を展開し、民泊向け戸建型宿泊施設の供給を図る。

 一方のハイアスは、住宅、不動産、建設業界に特化した経営コンサルティング会社で、会員企業に対し、事業ノウハウ・システム等をパッケージ化して提供。その一つとして、高性能デザイナーズ住宅「WILL STYLE」を運営している。

 今回の提携では、Rakuten STAY HOUSEとWILL STYLEのコラボレーションによる戸建型宿泊施設ブランド「Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE」を共同で開発。断熱性能・防音性能に優れ、低価格で建設可能な宿泊施設を供給する。

 同ブランドには、WILL STYLEの主力商品である「ユニキューブ」のデザインを適用。今後はリゾートホテルタイプやカプセルホテルタイプなどのラインアップを追加し、ハイアスのパートナー企業を通じて、2018年2月より販売を開始する予定だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]