logo

マイクロソフト、デスクトップ版「Skype」の正式版をリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年10月31日 10時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Skype」の一般ユーザー向けデスクトップアプリの正式版が、米国時間10月30日にリリースされた。新しくなったデスクトップアプリは、今も進化を続けている新しいモバイル版Skypeと同じく、テーマのカスタマイズ、チャットリスト、@メンションといった機能が搭載されている。Microsoftはこの「Skype for Desktop」を、プレビュー版として8月に公開していた。

 なお、従来の32ビット版デスクトップアプリも、今のところこれまでどおり使用でき、公式な終了日は明らかにされていない(いずれ発表されるとみられるが、Microsoftはその時期を明らかにしていない)。


新しくなった「Skype for Desktop」
提供:Microsoft

 新しくなったSkypeデスクトップアプリをすぐに利用したい人は、Microsoftの「Skype.com」サイトから手動でアプリをダウンロードしてインストールできる。また、「Mac」版アプリ、2016年11月アップデート版以前の「Windows 10」版アプリ、「Windows 8」版アプリ、「Windows 7」版アプリ、または「Linux」版アプリで自動更新機能を利用しているユーザーには、後日アップデートがMicrosoftから提供される。2016年11月版より新しいWindows 10版アプリを使っているユーザーには、間もなくアップデートが提供され、今回のリリースでサポートされている新機能が追加されるという。

 なお、Microsoftは「Skype for Business」クライアントアプリケーションを徐々に「Microsoft Teams」に置き換える取り組みも進めている。移行のロードマップによれば、移行には最低でも1年を要するが、それ以上の時間がかかる可能性が高い。

 ※お詫びと訂正(11月1日14時30分):タイトルと本文にて「最終版」「最終バージョン」と表記しておりましたが、誤解を招く表現だったため「正式版」に訂正しました。ご迷惑をおかけしたことを深くお詫びします。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集