意外な弱点?「Google Home」がまだできない9のタスク - (page 3)

Taylor Martin (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年10月17日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経路のスマートフォンへの転送

 Google Homeは最寄りのコーヒーショップやピザハウスの場所を教えてくれるが、驚いたことにその情報をスマートフォンに転送できない。モバイル端末への送信はGoogleマップの最も便利な機能の1つであることを考えると、非常に重大な見落としといえるだろう。

 それでも、Google Homeに「OK Google、それを私のスマートフォンに送って」と言うことで、自分のスマートフォンに情報を転送できるようにはなった。Googleマップではまだ利用できないが、以下のサービスでは機能する。

  • カレンダー
  • 買い物リスト
  • 天気予報
  • 映画
  • プロスポーツの対戦結果とゲーム予定
  • 写真
  • 翻訳
  • ニュースと株価情報

 Google Homeがスマートフォン(AndroidでもiOSでも)に情報を送ると、スマートフォンにGoogle Homeからのプッシュ通知が表示される。

プッシュ通知

 Amazonは最近、Alexa搭載スピーカ向けのプッシュ通知機能の提供を開始した。不在着信、未読メッセージ、Amazonに発注した商品の出荷状況などを音声でユーザーに知らせる。今のところ、代替策を考えない限り、Google Homeではこうしたプッシュ通知は使えない。

 だが、プッシュ通知はGoogleが5月のGoogle I/Oで予告した機能の1つだ。「Proactive Assistance」という名称のこの通知機能は、設定したリマインダー、予約済みのフライトの状況、通勤路の異常な混雑などのアラートをユーザーに提供するとしている。この機能がいつGoogle Homeに追加されるのかはまだ不明だ。

 プッシュ通知に最も近いのは、最近追加されたリマインダー機能だろう。リマインダーが作動すると、Google Homeはチャイムを鳴らし、天面にあるLEDの1つを10分間点灯させる。

音楽アラーム

 Google Homeのようなスマートスピーカには、さぞかし素敵なアラーム機能が搭載されているだろうと思うかもしれない。だが、それも間違いだ。Google Homeのアラーム機能は非常に基本的なものだ。

 アラームをセットし、そのアラームに名前を付け、繰り返しを設定したり、アラームの音量を調整したり、スヌーズしたりできる。だが、異なるアラーム音を選ぶことはできない。音楽のようなカスタムアラーム音を設定することはできない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]