logo

DeNA、副業の容認をはじめとする人事プロジェクト「フルスイング」を始動

佐藤和也 (編集部)2017年10月03日 11時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は10月2日、他企業や個人での仕事ができる副業制度の容認をはじめとする、「フルスイング」と題した人事プロジェクトの始動を発表した。

 このプロジェクトは、社員が熱意をもって働ける環境づくりを目的としたもの。その一環として、社員本人と受け入れ先部署の本部長が合意すれば、現所属部署の意向にかかわらず異動ができる「シェイクハンズ制度」を8月から導入し、機動的な人事異動が行える制度を設けている。

 「副業制度」は文字通り、社外での副業が可能となる新制度。社内ではすぐに実現できない仕事への従事や、さまざまなキャリア形成の機会づくりを設けることで、社員の自己実現をサポートする。また社内副業となる「クロスジョブ制度」もあわせて導入。業務時間の最大30%まで他部署の仕事を兼務可能とする。事業部をまたいで兼務することができ、さまざまなな仕事を経験することができる。

 このほか、マネージャーに対してメンバーがフィードバックを行う360度評価制度「フィードバックプログラム」や、事業部経験かつ人事キャリアがあるメンバーがアドバイザーとなり、今後のキャリアや働き方に関する悩み相談を受け付ける「キャリア相談室」、現在の仕事へのフィット度を把握する定点調査「キャリアマネジメントアンケート」を導入。これらの制度を通じて、熱意をもって働ける環境づくりに向けた改善と解決に取り組むとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]