logo

富士ゼロックス、企業が持つ複数のSNSアカウントを管理できる「SkyDesk Social」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士ゼロックスは10月2日、企業が持つ異なるSNSの複数アカウントを統合管理できるクラウドサービス「SkyDesk Social(スカイデスクソーシャル)」の提供を開始した。

 SkyDesk Socialは、複数SNSへの一括投稿をはじめ、「いいね」やコメントしたアカウントの属性、コメント内容のポジティブ/ネガティブ分析にもとづく投稿への活用など、企業のSNS運用を支援する。顧客情報を統合管理し、営業力や顧客接点の強化を支援するクラウドサービス群「SkyDeskシリーズ」の新サービスとなる。

 現在SNSは、企業にとって消費者を含むさまざまなステークホルダと直接コミュニケーションできるツールとして必要不可欠なものとなっているが、SNS運用を支援するサービスには高額なものが多く、中小規模の事業者が導入するにはハードルが高いのが現状と同社では分析している。

 また、性別や年代などが異なるターゲット層に対して、価格帯などが異なる複数のブランドを展開する企業では、SNS運用においてもブランドごとに異なるアカウントを運用しているケースが多く、投稿作業や反響への対応、効果の分析などをそれぞれで実施する必要があり、運用の負担が課題となっている。


 SkyDesk Socialでは、ブランドごとに5種類までのSNSアカウント(Facebook、twitter、Instagram、LinkedIn、Google+)を統合し、管理・分析可能。スタンダードとプロフェッショナルの2プランがあり、ユーザー追加オプション、ブランド追加オプションも用意されている。


 スタンダードでは、SkyDesk Socialの基本的な機能として、2人までのユーザーID、1ブランドの利用が可能。複数SNSの投稿管理機能のほか、URL短縮サービス、過去の投稿への反響実績から、より反響の多い投稿タイミングを自動予測し提案する「SmartQ」による投稿タイミング解析、基本レポート、コラボレーション機能などが利用可能。

 また、複数キーワードから関連の高い投稿を見つけて「いいね」するモニタリング(1ブランドあたり5カラムまで)、ソーシャルシェアブラウザプラグイン機能が利用できる。利用料金は6カ月間で税別5010円。


 プロフェッショナルは、スタンダード機能をベースに、一括処理のスケジューラ機能、レポートのカスタマイズ、モニタリング(1ブランド15カラムまで)に加え、投稿に対して反響を寄せたアカウントの属性分析や同社が開発した自然言語処理技術を活用してコメント内容を判定し、良し悪しの割合を可視化するセンチメント分析が利用可能。利用料金は6カ月間で税別2万4960円。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]