logo

注目のアップル新本社--写真とビデオで見るApple ParkとSteve Jobs Theater - (page 3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長い階段とらせん状のエレベーター

 多くの報道陣は長い階段を使ってシアターに降りたが、中には車椅子の人もいる。そうした人が利用するのが、透明なチューブのエレベーターだ。

 ただし、エレベーターを支えるレールがらせん状になっており、入ったときと180度回転して出口に到着する仕組みとなっていた。実際に乗ってみると、ゆっくりとした回転で、酔ってしまうほどではなかった。

 その他にも、ブリーフィングに対応するロビーと会議室が用意されており、プレス向けのアクティビティを1箇所で済ませられる機能性を追究した作りとなっていた点が印象的だった。

■らせん状のエレベーターをビデオで体験


 最後に1つ。Steve Jobs Theaterの左右にある長い階段には手すりがあるが、これは壁材をていねいに削って持ちやすいよう加工したものだった。鉄製などの異なる素材の手すりを設置するのではなく、石の冷たい温度と滑らかな触り心地に、Steve Jobs Theaterを感触で楽しめるような、そんな体験が印象に残っている。

Steve Jobs Theaterの左右にある長い階段には持ちやすく加工した手すりがあった
Steve Jobs Theaterの左右にある長い階段には持ちやすく加工した手すりがあった

ビジターセンターは2017年中に一般公開へ

 Apple Parkの敷地のすぐ脇には、Apple Park Visitor Centerが設置される。Apple StoreにはApple Park限定のTシャツやトートバッグなどのグッズが販売されているほか、Cafe Macも併設され、コーヒーや軽食を楽しめる。

■オープン前のApple Park Visitor Center


 また、Visitor Centerのロビーには、グリッドが引かれたApple Parkの縮小模型が用意されており、専用のアプリがインストールされているiPad Proをかざすことで、Apple Park各所の建物やランドスケープデザイン、建物の中の様子、エネルギーや風の流れを、拡張現実で楽しめる。

 Apple Parkは職場であると同時に、現在から未来に向けて、Appleがどのようにビジネスを進めていくのかという企業姿勢を表現する、最も巨大な製品の1つと数えられるのだろう。

 サンフランシスコを訪れる際、ちょっと距離はあるが、クパティーノまで足を伸ばしてみてはいかがだろうか。シリコンバレーの入口となるサンノゼ空港を拠点にすれば、より身近に訪れることができるだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]