logo

AIによる広告クリエイティブ作成を研究--サイバーエージェントが専門組織設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは8月29日、広告クリエイティブの自動生成を研究する専門組織「AIクリエイティブセンター」を設立したと発表した。

 第一弾として、検索連動型広告のタイトルとディスクリプションの大量生成から、入稿、差し変え、レポートまでを一貫して提供する「QSクリエイター」の提供を開始する。アルゴリズムにより効果的と判断されたタイトルとディスクリプションをAIに機械学習させることで、検索連動型広告におけるテキストラインティングの最適化と自動化を目指す。

 また、同サービスの提供にともない、20名の専門ライターチームを構築。新規タイトルとディスクリプションの大量制作、入稿、差し替え、レポート、分析までを手がけることで、大量のテキストクリエイティブの制作および掲載が可能となり、検索連動型広告におけるクオリティスコアの向上とデータ実績の蓄積を図る。

 今後は、媒体ごとに効果的と判断されたデータをAIに学習させることで、検索連動型広告におけるテキストラインティングを最適化するサービスに順次拡大し、より効果的なテキストクリエイティブの大量生成を実現させるという。

 なお、AIクリエイティブセンターでは、同社アドテクスタジオのAI研究組織「AI Lab」と連携。最先端の広告クリエイティブの自動生成ツールを開発・提供し、企業のマーケティング活動における課題解決と広告効果の最大化を図るとしている。

-PR-企画特集