logo

アップル、新データセンターをアイオワ州に建設へ

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年08月25日 09時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの新しいデータセンターは米国中西部に建設される予定だ。

 最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏が米国時間8月24日、Appleが40万平方フィート(約3万7000平方メートル)のデータセンターをアイオワ州ウォーキーに建設することを明らかにした

 建設費は13億ドルで、建設と運用関連の雇用約550人分をこの地域にもたらす見込みだという。

 Cook氏は声明で、「アイオワ州の新しいデータセンターは、『Siri』『iMessage』『Apple Music』などのAppleのサービスを利用する北米全域のユーザー数百万人のためのもので、すべて再生可能エネルギーが使用される」と述べた。

 州都デモイン近郊のウォーキーを選んだ理由についてAppleにコメントを求めたが、今のところ回答はない。地元紙The Des Moines Registerは24日、Appleがウォーキーとアイオワ州から約2億700万ドル相当の税制上の優遇措置を受けると報じた。

 さらにAppleは、ウォーキーにおけるコミュニテイープロジェクトとインフラニーズを支援するPublic Improvement Fundに1億ドルを寄付する。

 Appleは2020年に同データセンターの稼働を開始する予定だ。

Apple CEO Tim Cook
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]