グーグルのVR「Daydream」、「Galaxy S8/S8+」へ提供開始

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年08月03日 10時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleはサムスンの「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」を対象に、「Daydream」VRヘッドセットおよびアプリのサポートを追加するアップデートをロールアウトすることを米国時間7月31日に認めた。Googleは5月の「Google I/O」で、このアップデートを発表している。


提供:Google

 市場で最も人気の高いスマートフォンの1つにサポートされたことを受けて、Googleは米国を対象に8月12日までの期間限定で、ヘッドセットを79ドルから59ドルに値下げした。Googleはサムスン独自の「Galaxy Gear VR」ヘッドセットと競合することになる。

 Galaxy S8とGalaxy S8+のユーザーがDaydreamを使用するには、「Google VRサービス」と「Daydream」アプリをダウンロードする必要がある。Googleによると、「ロールアウトの完了には時間がかかる」ので、それらの端末でDaydreamのアップデートをすぐには確認できない場合もあるという。

 現在、Daydreamをサポートするスマートフォンには、Huaweiの「Mate 9 Pro」やZTEの「Axon 7」、Motorolaの「Moto Z」、ASUSの「ZenFone AR」などがある。

 Googleは2017年のI/Oで、DaydreamがLG Electronicsの次期フラッグシップスマートフォンにサポートされることを認めた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加