logo

目の悪い人向けに“音読”する眼鏡など--DMMのIoTアクセラレータプログラム成果発表 - 8/19

山川晶之 (編集部)2017年07月13日 11時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 カメラが読み取った情報は、Raspberry Piを使ってクラウドに送信する。今のところ、コンピュータ本体とスピーカーは外部接続されているが、将来的にはすべての機能を眼鏡に内蔵したいという。

 カメラが読み取った情報は、Raspberry Piを使ってクラウドに送信する。今のところ、コンピュータ本体とスピーカーは外部接続されているが、将来的にはすべての機能を眼鏡に内蔵したいという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]