logo
WWDC

アップル、Siri搭載スマートスピーカ「HomePod」を12月発売へ--まず米国などで

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年06月06日 06時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll Right Scroll Left

提供: James Martin/CNET

 Appleは米国時間6月5日、家庭向けの新しいスマートスピーカ「HomePod」を発表した。

 スマートスピーカが新たに注目を集める中、Appleのデジタルアシスタント「Siri」を搭載するこのずんぐりした円筒形のスピーカには、多大な期待が寄せられていた。2014年終盤に「Echo」を発表してスマートスピーカというカテゴリを基本的に発明したといえるAmazonに追従するべく、Google、Microsoft、HP、レノボ、サムスンはこぞってこの分野に参入している。

 「ポータブルミュージックと同じように、ホームミュージックを再発明したい」と、Appleの最高経営責任者(CEO)を務めるTim Cook氏は、同社の年次開発者会議「Worldwide Developers Conference」で語った。

 「Hey Siri」という呼びかけに反応するHomePodは、2017年12月に米国、英国、オーストラリアで販売開始される予定だ。価格は349ドルと、Amazonの初代Echoのほぼ2倍に相当する。ちなみに、初代Echoの価格は180ドル、「Google Home」は129ドル。

 HomePodには、ニュース、天気、タイマー、コネクテッドホーム機器の制御など、他のスマートスピーカと同じ機能の多くが搭載されている。加えてApple幹部らは、HomePodの音質を特に強調した。Echoのスピーカとの違いを示そうとしたことは明らかだ。Schiller氏によると、HomePodは「空間を認識」し、部屋の広さや周囲の家具を検知して必要に応じてオーディオを調整することができるという。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集