logo

アップル、App Storeにおける開発者の累積収益、700億ドルを突破--DL数は70%増

坂本純子 (編集部)2017年06月01日 23時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは6月1日、App Storeにおいて、2008年のオープン以降に開発者らが稼ぎ出した累積金額が700億米ドルを突破したと発表した。App Storeのダウンロード数は、過去12カ月で前年比70%以上も増加しているという。

 App Storeで最も収益をあげているカテゴリは「ゲーム」と「エンターテインメント」で、中でもPokemon GOSuper Mario Runは「爆発的なヒット作」としている。また、「ヘルスケア/フィットネス」や「ライフスタイル」アプリケーションも過去1年間に70%を上回る成長を遂げているほか、「写真/ビデオ」も前年比約90%で急成長しているカテゴリという。

 収益が好調な理由として、サブスクリプション(定期購読)の効果があるという。全25個あるカテゴリのすべてでサブスクリプション型のビジネスモデルが利用できるようになった結果、サブスクリプション契約数は前年比で58%増加したという。NetflixHuluといった番組から、モバイルに重点を置いたモダンな料理番組のTastemade、写真編集アプリケーションのOverEnlightなども含まれるとしている。

 Appleのワールドワイドマーケティング担当でシニアバイスプレジデントのフィリップ・シラー氏は、「お客様によるダウンロード数は記録的な数字に上っている。デベロッパたちが稼ぎ出した700億米ドルという数字には衝撃を覚える。デベロッパたちが作り出す新作アプリケーションはどれも素晴らしく驚かされるばかりで、来週開催のWWDC(世界開発者会議)で彼らに再会できるのは待ち切れない」とコメントしている。

-PR-企画特集