logo

富士通エフサス、残業抑止ソフト「IDリンク・マネージャー」をSaaS化

佐藤和也 (編集部)2017年05月30日 17時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通エフサスは5月29日、「FUJITSU Software IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止 SaaS」の販売を開始すると発表した。

 これは長時間労働を抑止し、働き方改革を支援するソリューション「IDリンク・マネージャー」をSaaS化したもの。機能としては終業時刻前など特定の時刻に、PCに定時退社促進や残業申請起票のポップアップメッセージを表示させ、さらにPCを強制シャットダウンさせることで長時間残業を抑止する。上司は事前の残業申請に基づき、部下の残業時間や業務内容の把握ができ、コミュニケーションの活性化や、社員のワーク・ライフ・バランス向上を推進することが可能とうたっている。

 SaaS化により、システム初期設定や管理者向けサポートもあわせてパック化し、月額のサービス利用型として提供する。設計・構築作業がほぼ不要のため、初期費用をかけずにスモールスタートが可能。また、利用ID数の変更は、10ID単位で可能であるため、必要なだけ利用することができるという。

 価格は1IDにつき月額税別で980円。利用は200IDからとなり、10ID単位での変更が可能となっている。

「FUJITSU Software IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止 SaaS」について
「FUJITSU Software IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止 SaaS」について

-PR-企画特集