logo

高性能な翻訳サービスの拡充で“役目を終えた”--「Yahoo!翻訳」終了へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは4月13日、同社の翻訳サービス「Yahoo!翻訳」を6月29日に終了すると発表した。


 Yahoo!翻訳は、機械翻訳のすそ野を広げることを目的に2005年より提供開始したサービス。翻訳ソフトなどを手掛けるクロスランゲージの翻訳エンジンを採用していた。

 しかし、PCから携帯電話、スマートフォンとインターネット利用環境が変化したことに加え、翻訳の不自然さや選択肢が少なかった翻訳サービスが進化を遂げ、より自然な機械翻訳サービスや通信を利用した対面での翻訳サービスなどが選べる時代になり、Yahoo!翻訳はその役目を終えたと考え、サービスの終了を決めたという。

 ヤフーでは、Yahoo!翻訳の代替サービスとして、「Google 翻訳」「Weblio翻訳」「エキサイト翻訳」「infoseekマルチ翻訳」「Bing 翻訳」「So-net 翻訳」など、他社の翻訳サービスを紹介している。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]