logo

ソニー子会社とE Inkが電子ペーパー関連の合弁会社を設立

加納恵 (編集部)2017年04月10日 17時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 E Inkとソニーセミコンダクタソリューションズは、電子ペーパーディスプレイの事業を運営する合弁会社を設立すると発表した。新会社は台湾に登記され、日本における子会社は4月に発足予定。資本金は日本円にして約15億円で、主要株主となるE Inkの子会社と、ソニーセミコンダクタソリューションズの合計出資比率は約70%になる。残りの株式は、新興企業に投資するベンチャーキャピタル企業が保有する見込みだ。

 ソニーとE Inkは、2004年以降パトーナーシップを築いており、ソニーの電子ペーパーには、E Inkの電子ペーパーディスプレイを採用。今回設立する合弁会社では、E Inkが有する電子ペーパーディスプレイの開発や製造技術と、ソニーの商品開発やマーケティングの知見を生かすことで、電子ペーパーディスプレイを活用した新たな商品やシステムなどを創出し、市場の拡大を目指す。

-PR-企画特集