「Gmail」、受信可能な添付ファイルの容量が最大50Mバイトに

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年03月03日 09時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週から「Gmail」で、最大50Mバイトのファイルを受信できるようになる。

 Googleはブログ記事で、「『Google Drive』で、あらゆるサイズのファイルを簡単に共有することができるが、大きなファイルを直接メールに添付で受信する必要がある場合もある。そこで2日から、最大50Mバイトのメールを直接受信できるようにする」と発表した。

 送信メッセージの上限サイズはこれまでと変わらず25Mバイトとしている。Google Driveを使ってより大きなサイズの添付ファイルを送信できるとGoogleは述べている。

 それでもGmailユーザーは、ほかのメールプロバイダーから送信される、動画やスプレッドシートなどサイズの大きいファイルが添付されたメールを受信しやすくなる。

 新しいサイズの上限は「G Suite」のすべてのエディションを対象に、今後3日間のうちに適用開始されると1日付のブログに記されている。


提供:iStock

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加