MWC 2017

懐かしの「Nokia 3310」が復活--Androidスマホ「Nokia 5」「Nokia 3」も発表

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年02月27日 11時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Nokia 3310」フィーチャーフォン

「Nokia 3310」フィーチャーフォン

提供: Andrew Hoyle/CNET

 今から1年前、Nokia最高経営責任者(CEO)のRajeev Suri氏は新世代のNokia携帯電話を約束した。

 Nokiaは、同社の元従業員で構成されるモバイル新興企業HMD Globalと提携し、MWCで4種類の新型携帯電話を発表した。

 4種類の新型携帯電話と書いたが、厳密に言えば、完全な新製品はそのうちの2機種だけだ。残りの2機種については、われわれは過去にさまざまな形で見たことがある。

 過去に高い人気を誇った「Nokia 3310」フィーチャーフォンの刷新版は、懐かしさを強く喚起したが、スマートな要素は少なかった。一方、2017年という時代に合わせてデザインが変更された。この新モデルは、よりスリムになったユニボディデザインを採用しており、カラー画面、基本的な機能を備えたカメラ、22時間も持続するバッテリを搭載する。


提供:Andrew Hoyle/CNET

 HMD Globalがこれまでに開発した最もスマートな携帯電話は「Nokia 6」で、このモデルは数カ月前に中国で販売が開始されている。このNokia 6にいくつかの修正とGoogleとの連携強化が加えられて、中国以外の国々でも発売されることになった。このスマートフォンには、「Arte Black Limited Edition」も存在する。このエディションは、おしゃれなつや出し仕上げが施されているだけでなく、64Gバイトのストレージ(標準モデルの2倍の容量)、4GバイトのRAM(通常のNokia 6は3Gバイト)も搭載する。

 「Nokia 3」と「Nokia 5」はいずれも「Android」搭載スマートフォンで、価格と機能はNokia 3310とNokia 6の間に位置する。

 Nokiaが2016年に買収した、ウェアラブルとヘルスケアを扱う仏Withingsの今後を示唆する情報も少しだけ明かされた。2017年夏より、Withingsのすべての既存端末はNokiaブランドの製品名に変更され、それらの製品向けに、アップデートされた「Health Mate」アプリが提供されるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加