logo

伊藤園と「Pokemon GO」がコラボ--自販機やタリーズコーヒー店舗がポケストップに

佐藤和也 (編集部)2017年02月10日 11時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤園、Niantic、ポケモンの3社は2月10日、スマートフォン向け位置情報ゲームアプリ「Pokemon GO」においてパートナーシップ契約を締結したと発表。同日から一部の伊藤園自動販売機とタリーズコーヒー店舗の計2000カ所において、Pokemon GOの「ポケストップ」や「ジム」としてゲーム内に登場する。

  • ゲーム中の表示イメージ

    (C)2017 Niantic, Inc. (C)2017 Pokémon. (C)1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

 Pokemon GOでは、ポケモンを捕まえるのに必要な道具などが入手できるポケストップや、他のプレイヤーのポケモンと戦うジムが、現実世界の名所旧跡やモニュメントなどに設定されている。今回のパートナーシップ契約締結により、全国にある伊藤園の災害対応自動販売機をはじめとする自動販売機約1800台と、タリーズコーヒーの約200店舗がポケストップまたはジムになるという。なおタリーズコーヒーにおける対象店舗は、特設サイトにて記載されている。

 今後は対象となる自動販売機やタリーズコーヒー店舗をさらに増やすことや、コラボレーションキャンペーンやサービスの提供を検討しているとしている。

-PR-企画特集