logo

「Chrome」がWebVRを正式サポート

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年02月10日 12時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最新バージョンの「Chrome」ブラウザには、「WebVR」技術が搭載されている。プログラマーはこの技術を利用して、CGによる3Dの仮想現実(VR)世界を描いたウェブサイトを開設できる。VRに興味のある人なら、Googleの「Daydream View」やFacebookの「Oculus Rift」のようなVRヘッドセットで得られる体験をWebVRが広げてくれる可能性を正しく認識できるだろう。

 それは、WebVRを利用すれば、少なくとも原理的には、開発者がデバイスごとに異なるバージョンを作らなくても、さまざまなVRヘッドセットで同一のVR体験をもっと簡単に提供できるようになるからだ。WebVRは、1つのウェブサイトでノートPCや「Android」搭載端末、「iPad」に対応できる仕組みを拡張する。

 WebVRのおかげで「お気に入りのウェブページにアクセスするのと同じくらい簡単に、米大統領専用機『エアフォースワン』に搭乗できる」と、GoogleのChromeチームの製品マネージャーであるMegan Lindsay氏は、ブログで述べている。

 見るべきものがないとWebVRはおもしろくないので、GoogleがWebVR向けに推奨しているサイトを、以下にいくつか紹介する。「自然」をテーマとしたインタラクティブなドキュメンタリー「Bear 71」、有名人の自宅などを30万件以上集めたライブラリ「Matterport」、VR映画のコレクション「Within」、インタラクティブなVR世界のコレクション「WebVR Lab」、VRのシーンを集めた「Sketchfab」などだ。

 Googleは、「Firefox」の開発元であるMozilla FoundationやFacebookのOculusチームなどのパートナーとWebVRを共同開発した。だが、まだ初期の段階だ

 これまでのところ、Mozillaは、ウェブプログラマーや探究心旺盛な人を対象とした「Nightly」ビルドとデベロッパー版のFirefoxでのみWebVRを提供している。だが、2017年夏には、メインストリーム版のFirefoxにWebVRを搭載し、Oculus Riftや「HTC Vive」に対応する計画だ。

 Chromeは、GoogleのDaydream Viewをサポートしている。Daydream Viewは、「Gear VR」と同様に、スマートフォンを利用して頭の動きを追跡し、左右の目に画像を表示する。一方、WebVRとChromeが、Daydream Viewの姉妹品である「Google Cardboard」と連携するのは、数カ月先となる見込みだ。


提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集