Facebook傘下のOculus VRに5億ドルの賠償命令--対ZeniMax訴訟で

Jake Smith (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦2017年02月02日 10時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米テキサス州北部地区連邦地方裁判所が米国時間2月1日、Facebook傘下のOculus VRに対し、5億ドルの損害賠償をZeniMax Mediaに支払うよう命じた。


Facebookの創業者で最高経営責任者(CEO)のMark Zuckerberg氏
提供:CNET/CBS Interactive)

 陪審員団は、Oculusの共同創設者Palmer Luckey氏が機密保持契約を順守しなかったとするZeniMaxの主張を認めた。ZeniMaxは2014年、企業秘密の「悪用」と著作権侵害でOculusとFacebookを訴えていた。

 ゲーム開発会社のid Softwareを傘下に持つZeniMaxは、この裁判で40億ドルの損害賠償を求めていた。しかし、Polygonの記事によると、ZeniMaxが主張していたOculusによる企業秘密の悪用については、陪審員団はこれを認めなかったとのことだ。

 では、Luckey氏は今回の裁判とどのような関わりがあるのだろうか。この法廷闘争の発端は、Oculusが元最高技術責任者(CTO)のJohn Carmack氏を、Carmack氏が2013年11月にid Softwareを退職する前の同年8月に採用したことだ。Carmack氏はまだZeniMaxに在籍中の時期から、仮想現実(VR)ヘッドセット「Oculus Rift」の開発について、Luckey氏を補佐していたことになる。

 この裁判の審理では、Facebookの最高経営責任者(CEO)Mark Zuckerberg氏も登場し、Oculusの買収に30億ドルもの資金を費やしていたことを証言した。2014年の買収当時、この金額は20億ドルと発表されていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加