logo

「Windows 10」プレビュー版、ゲーム機能や「Edge」など強化--「Build 15019」

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年01月30日 13時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間1月27日、最新の「Windows 10 Creators Update」のPC向けテストビルド(「Build 15019」)を「Fast Ring」を設定しているユーザー向けに公開した。ゲーム関連の機能が多数追加されたほか、すでにMicrosoftが明らかにしていたプライバシー設定の変更が加えられている。このほか、OOBE設定でのWiFi接続機能が新しくなった。また、OOBEでのルック&フィールも新しくなっている。

 Build 15019では、ゲームストリーミングの「Beam」を統合した(Microsoftは2016年8月にBeamを買収している)。また、新しい「Gaming」設定も加わった。Microsoftによると、Gameバー、GameDVR、Game Modeなどの設定をGamingで実行可能になるという。Windows 10ベースのPCをゲームの性能向けに最適化するGame Modeも、このビルドより有効化されている。

 また、「Microsoft Edge」にユーザーの電子書籍を読み上げる機能も加わった。MicrosoftはWindows 10 Creators Updateの以前のテストビルドで、基本的な電子書籍のサポートを実現している

 「ブルーライト」機能は「ナイトライト」に名称が変更されている。これは、画面が発するブルーライトを低減する機能だ。さらに、ユーザーは「Hyper-V」で「Virtual Machine Connection」を迅速にリサイズできるようになった。

 最新のビルドではこのほかにもゲーム関連、Edgeブラウザ、高DPIサポートなどで小規模な変更や修正が多数加わっている。

 なお、これまでのWindows 10テストビルドと同様、ダウンロードの進捗を示すインジケーターが正常に動作していない可能性があるとMicrosoftは警告している。また、Edgeで拡張機能が動かない可能性があるという。一部の人気ゲームでクラッシュする恐れもあるとしている。また一部のInsiderユーザーは、「ユーザーセキュリティを強化する目的でロールアウトされている新しいセキュリティモデルの導入が原因で」一部のGoogleサイトへの接続で問題が生じるかもしれないという。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集