logo

グーグル、Twitterの開発者プラットフォーム「Fabric」を買収へ

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年01月19日 07時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleがTwitterのモバイル開発者プラットフォーム「Fabric」を買収するという。両社が米国時間1月18日に発表した。

 買収条件は公表されていないが、この動きによって、より長期的な安定性を模索するTwitterは事業の効率化を図ることができるはずだ。Twitterにとってこの数カ月間は、経営陣を再編したり身売り交渉に失敗したりと、苦難続きだった。Twitterの買収先としてGoogleが適しているのではないかという意見もあったが、Googleは今回、同社の開発者プラットフォームだけを取得することになる。

 FabricチームはGoogleの開発者向け製品グループに加わり、同社の「Firebase」チームと統合される。「FabricとFirebaseは、今日の市場で独特の強みを持つモバイルプラットフォームを運用している」と、エンジニアリング担当バイスプレジデントでFabricのゼネラルマネージャーを務めるRich Paret氏はブログ記事に記した。

 Firebaseの製品マネージャーを務めるFrancis Ma氏によると、今回の買収は、ウェブおよびモバイルアプリ開発向けに包括的なスイート機能の構築を目指すFirebaseの、より大規模で長期的な取り組みの一環だという。

 Fabricは、開発者を引きつけるための取り組みとしてTwitterが2014年にリリースしたもので、現在、アクティブモバイルデバイスは25億台にものぼり、58万人以上のモバイル開発者が利用している。Fabricの「Crashlytics」と「Answers」は、アプリの安定性向上とアナリティクスに最もよく使われているソフトウェア開発キット(SDK)の1つだ。

 Fabricの現行ユーザーは、何もしなくても同製品を使い続けることができる。買収が完了するまでは、TwitterがFabricのSMS認証サービス「Digits」の管理を続ける。買収が完了した後は、GoogleがFabric、Crashlytics、Answers、そして買収対象の関連ベータ製品の提供を開始する。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集