アイマス・龍崎薫好き記者がスマホリズムゲーム「デレステ」をごく個人的に振り返る - (page 5)

佐藤和也 (編集部)2017年01月07日 09時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めてのボーカル曲「ハイファイ☆デイズ」追加。「L.M.B.G」として奮戦

 もうひとつ大きな出来事は、3月31日から4月7日まで行われたゲーム内イベント「LIVE Groove Dance burst」と、そのイベント用の新曲「ハイファイ☆デイズ」だ。ストーリーは、シンデレラガールズの世界で活躍するユニット「L.M.B.G」(リトルマーチングバンドガールズ)の代表として、ここまで紹介してきた薫、千枝、みりあに加え、櫻井桃華と市原仁奈の5人がステージに立つべく奮戦するというもの。

  • 演出付きの予告編より。初めてのボーカル曲の予告にもなっていた

 人見知りな自分を変えようと、思い切ってリーダーに立候補した千枝を中心にストーリーが展開するなか、薫は新曲を素直にうれしがったり、メンバーを励ましたりおにぎりの差し入れを行ったりするなど、ムードメーカーのような立ち位置で振る舞っていた。

 5人とも登場するアイドルのなかでは“年少組”で、性格もバラバラ。しかしワイワイしているだけではなく、ステージ上では5人が手をつないだことを語る場面に象徴されるような、お互いの考えを尊重しひとつにまとまって物事に取り組んでいく成長物語で、ハートフルな内容となっている。なお、当時のイベントに参加していないため、ストーリーが開放されていないプレーヤーでも、「思い出の鍵」アイテムを使用して開放できるようになっている。

  • 新曲で喜ぶ薫、みりあ、そして市原仁奈(右)

  • リーダーは千枝が立候補する

  • リーダーを務めるものだと思っていた櫻井桃華(右)が、千枝の思いを聞いて奮起する

  • そんな桃華と千枝のやりとりを聞いて、薫は「ライバル」と表現。ユニットの仲間でもあり、ライバルとして頑張ることに

  • ライブ会場で不安がる仁奈に、みりあと薫がともに「大丈夫」と励ます

  • 早起きして握ってきたおにぎりをリハーサル前に仁奈と薫が食べるものの、食べ過ぎて「おなかぱんぱん」に……

デレステ「ハイファイ☆デイズ」
ライブ終了後、千枝が歌う前の不安から隣にいた薫と桃華の手を握ったことから、みんなで手をつないでいたことを語る。「5人なら大丈夫」とという絆が垣間見えるシーンだ
  • 仁奈が「リーダーの気持ち」になってリーダーっぽく振る舞う様子や、いつかはリーダーになってみたいという仁奈を励ます薫と千枝

  • ライブの打ち上げは、「お友達として遊びたい」という千枝の提案でピクニック。薫はライブ同様おにぎりを作って持参

  • おなかいっぱい食べたはずなのに、プロデューサーからの差し入れのケーキを食べたいという薫。“食いしん坊さん”なところも伺える

 またイベントの報酬として薫と千枝のSレア[ハイファイ☆デイズ]が用意された。イラストや特訓エピソードでは、楽器の練習をしていたり、L.M.B.Gとしてステージに立っている様子が描かれていた。

  • 千枝の特訓エピソードより。鍵盤ハーモニカを練習中

  • プロデューサーへの信頼を語りつつ、リーダーとしてステージに立つシーンが描かれている

  • 薫の特訓エピソードより。薫は太鼓を練習中

デレステ「ハイファイ☆デイズ」龍崎薫
ライブ前でも緊張しない理由を語りつつ、楽しみにしているステージに立つ姿が描かれている

 そして楽曲のハイファイ☆デイズはLIVEパートでプレイ可能。薫と千枝にとっては初めてのボーカルデビュー曲となる。ユニット名にあるようなマーチング曲ではなく、ギターサウンド全開の本格的なバンド曲。勇気を持って一歩を踏み出す、前を向いて進んでいくという力強さを強調した楽曲となっている。ステージでは、木や花、そして青空がイメージされるセットを背景に、5人が元気に歌い踊る。3Dライブでは、カメラが一回転する演出も特徴となっている。

  • 常設の通常楽曲として収録されている

  • ユニット編成で、左からみりあ、薫、千枝、桃華、仁奈の並び順にすると、歌うパート通りにカメラが寄る

  • 中央の1本の木や、花の周りで飛ぶチョウチョなどが目を引く、ハイファイ☆デイズ専用のステージ

デレステ「ハイファイ☆デイズ」龍崎薫
そのステージで、元気よく歌って踊る薫
  • SSA公演より。千枝役の今井麻夏さん、薫役の春瀬なつみさん、サプライズ出演となった仁奈役の久野美咲さんの3人でハイファイ☆デイズを披露

 ちなみにハイファイ☆デイズは、2016年9月と10月に行われたキャスト陣によるライブイベント「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story」の神戸ワールド記念ホール公演とさいたまスーパーアリーナ(SSA)公演で披露された。

 アイマスライブ初披露の場となった神戸ワールド記念ホール公演は一般で、サプライズ出演に沸いたSSA公演は取材として、ともに現地で見ていたが、どちらもフルメンバーとはいかなかったものの、キャストの高いパフォーマンスに加え、ステージ上のモニターにステージ衣装をまとった3Dモデルが登場して一緒に踊るなど、オリジナルメンバー5人がそろって歌っているようで、とても印象的だったことは付記しておきたい。

やはり5人そろったステージというのを、リアルなライブや、今後のシンデレラガールズの展開でも見てみたいというのが正直な気持ちだ
やはり5人そろったステージというのを、リアルなライブや、今後のシンデレラガールズの展開でも見てみたいというのが正直な気持ちだ

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]