logo

LinkedIn、広告メールを可能にする「Sponsored InMail」を発表

Michelle Meyers (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年11月10日 11時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LinkedInは米国時間11月9日、マーケターによる広告メールを可能にする「Sponsored InMail」を発表した。あらゆる個人や企業が規模に関係なく利用できるセルフサービス方式のオプションだ。

 TechCrunchによると、このサービスは一部の企業顧客向けのマネージドサービスとして、以前より提供されていたという。今回の発表により、LinkedInの「Campaign Manager」スイートの一部として誰でも利用可能になった。

 Facebookも「Facebook Messenger」で広告メッセージの提供を開始することを8日に発表したばかりだ。

 LinkedInもMicrosoftによる買収を発表した5カ月後、メッセージから収益を得るソーシャルネットワークの仲間入りを果たしたことになる。


 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]