アップルはMacを見捨てたのか

David Gewirtz (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年10月24日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 多くのAppleウォッチャーが、今週Appleが開催するイベントで「MacBook Pro」と「MacBook Air」の新モデルが発表されると期待している。これらのモデルは久しくアップデートされていない。

 MacBook Proの新機能については、多くの予測が挙がっている。キーボードのファンクションキーの位置にタッチ対応の有機EL(OLED)の細長いパネルが組み込まれているといううわさがある。「Touch ID」センサが搭載されるとも、プロセッサが高速になるとも、USB 3.0ポートではなく、USB Type-Cポートを備えるとも言われる。さらに、「iPhone 7」でユーザーの反対を押し切って実施した3.5ミリオーディオジャックの排除を、MacBook Proでも行うかもしれない。

 表面的には大幅なアップデートだ。だが、Appleの力量と、同社のPC市場での競争の状況を考えると、私はAppleがMacに見切りをつけたのではないかと疑い始めている。この程度のアップデートでは、AppleはMacBookをおざなりに扱っているように見える。

 Appleは何と言っても、そのデザインとイノベーションで知られる企業だ。それなのになぜ、Microsoftが約1年前に発売した「Surface Book」の方が、Appleの現在のMacのラインアップや、もうすぐ披露するであろう製品より、はるかに革新的なのだろう。

 Surface Bookの評判の良い機能の幾つかを見てみよう。「iPad」で「Apple Pencil」を使うのと同じように、ディスプレイにスタイラスで入力できる。ディスプレイとキーボード面を様々な角度に回転させることで、イーゼルのような、あるいは小冊子のようなスタイルで使える。ディスプレイ部分を簡単に取り外せるので、Windowsタブレットとしても使える。


 もちろん、Microsoftは「Tablet PC」時代の昔から、タブレットの特徴をPCに融合させるという構想に取り組んできた。私は2002年に、Windows XP登載の(できの悪い)台湾Acer製Tablet PCを購入した。非常に実用的ではあったが、ディスプレイとキーボードの接続部分が不安定だった。モードを切り替えようとするたびに「Windows XP Tablet Edition」が“けいれん”し、クラッシュした。

 つまり、タブレットになるノートPCというアイデアは新しいものではない。ファンクションキーもそうだ。新MacBook Proの大きな特徴であるOLEDパネルは、ユーザーがカスタマイズして使えるファンクションキーとみられている。

 これは本当のイノベーションというよりはちょっとした仕掛けにすぎない上に、この仕掛けのせいで、ソフトウェアメーカーは実際にはあまり使われないであろう機能のために、余計なサポートを追加しなければならなくなるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加