logo

グーグルのビデオ通話アプリ「Duo」は試す価値あり--シンプルUIとノックノックの魅力 - (page 2)

Lynn La (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年08月19日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノックノック機能は無効にすることも可能

 見たくないものが表示されるのではないか、と心配している人もいるかもしれないが、ノックノックは連絡先リストに追加済みの人からしか届かないので安心してほしい。また、特定の個人からの通話をブロックすることもできる(ちなみに、Duoで誰かをブロックしても相手には分からない。その人があなたに発信しても、呼び出し音が鳴り続けるだけだ)。

 ノックノックが自分に合っていないと感じたら、Duoの設定メニューで完全に無効にすることもできる。ただし、特定の相手限定でノックノックを無効にすることはできないので、ノックノックを利用するか、完全に無効にするかの二者択一だ。

極めてシンプルなインターフェース

 Duoのインターフェースは驚くほどユーザーフレンドリーで直観的だ。通話を始める前には、ビデオ通話開始用のアイコンと、最近連絡した相手のアイコンが表示される(残念ながら音声のみのオプションはない)。通話中は、自分自身の映像が(小さな円の中に)表示されるほか、消音、カメラの切り替え、通話終了のアイコンも表示される。相手の映像は画面いっぱいに写る。自分のカメラの映像を画面いっぱいに表示させたい場合(相手に自分の家の中を見せたいときなど)、プレビューサークルをタップするだけで、画面に表示される映像が切り替わる。

figure_2
提供:Lynn La/CNET

「ハングアウト」とは違う(本当に)

 ここまで読んで、DuoはGoogleの別のビデオ通話サービスであるハングアウトとどこが違うのかと疑問に思う人もいるかもしれない。また、Googleにはコミュニケーションツールが多すぎる、と感じている人は大勢いるだろう。しかし、Googleによると、Duoは特定の機能だけに重点を置いたサービスと位置付けられている。ハングアウトは、デスクトップでも使用でき、メッセージやグループチャットがサポートされ、共同作業に便利な多方向ビデオ機能も備える(インターフェースにこうした追加機能が反映されている)が、Duoが提供する機能はたった1つ、スマートフォンやタブレット上でのビデオ通話だけだ。

 Duoはハングアウトと異なり、「Gmail」ではなく電話番号を使って通信する。アプリさえダウンロードすれば、相手にGoogleアカウントにログインしてもらう必要もないし、新しいサービスに登録してもらう必要もない。Duoとハングアウトの違いで最も素晴らしいのは、Duoでの通話がエンドツーエンドで暗号化されることだ。そのため、第三者はおろかGoogleでさえユーザーのデータを見ることはできない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]