logo

インテル、VRヘッドセット「Project Alloy」を発表--コード不要の自己完結型 - (page 2)

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮2016年08月17日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Krzanich氏はまた、ビジュアルコンピューティング技術「RealSense」の進歩を披露した。「Intel RealSense Camera 400」は最も小さなRealSenseカメラだ。それでいながら、読み取れる3Dポイントの数が2倍以上に増えているという。

 Krzanich氏は次に、RealSenseモジュールを搭載し、障害物を避けながら飛行できるYuneecのドローン「Typhoon H」を披露した。「われわれはこのドローンの衝突回避性能にはとても自信がある」と同氏。一方、開発者が独自のドローンを開発しアプリケーションをリリースできるオールインワン基板「Project Aero」も発表した。

 事実上、ロボット向けに作られた自己完結型コンピュータの「Intel Euclid」もRealSenseファミリの一員だ。「Intel Atom」プロセッサ、オンボード通信、モーションセンサと位置センサ、そしてバッテリがひとつになっているという。

 Krzanich氏は、視覚的知能についてさらに話をするため、BMWグループの電子工学担当シニアバイスプレジデントであるElmar Frickenstein氏をステージに招いた。BMWとIntelは自動運転車で提携している。Frickenstein氏は、自動運転車の手席に乗ってステージに現れた。BMWは業界に自動運転車の標準をもたらすとFrickenstein氏。「そうすれば、世界中の開発者が同じ枠組みを基に新しい機能を開発できる」と語った。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]