著名デザイナーら100人超、アップル支持の意見書を提出--対サムスン訴訟

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年08月05日 11時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 100人を超えるデザイン業界の専門家たちが、サムスンは「iPhone」の意匠を盗用したことに対して賠償金を支払うべきだとするAppleの主張を支持している。

 Reutersの報道によると、Calvin Klein氏やAlexander Wang氏をはじめとする著名なファッションデザイナーらは米国時間8月4日に米最高裁判所に提出した意見書の中で、サムスンに数億ドルの賠償金を支払うよう求めるAppleの主張を支持しているという。

 Appleは、サムスンにiPhoneの技術やデザインを盗用されたとして、5億4800万ドルの損害賠償を認める陪審判決を勝ち取った。Appleが盗まれたと主張する要素としては、iPhoneの丸みを帯びた角やグリッド状に配置されたアイコンなどがある。サムスンは一部の損害賠償について控訴した。

 デザイナーや教育者らは4日、iPhone独自の外観こそが人々の購入意欲をそそるものであり、そのため似たような外観のサムスン製スマートフォンはAppleの売り上げを損なう可能性があると述べた。

 サムスンはFacebookとGoogleから支持を得ている。Googleは、サムスンなどのスマートフォンで採用されている「Android」の開発元だ。

 サムスンの広報担当者は4日、現段階の判決は「イノベーションを阻害し、意匠のパテントトロール訴訟に道を開き、経済や消費者に悪い影響を及ぼす可能性がある」と述べた。

 米最高裁は3月、意匠に関する訴訟では1800年代以降初めてのケースとして、判決の見直しに同意している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加