Android版「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」向けアドオンがリリース

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年07月29日 12時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間7月28日、「Googleドキュメント」と「Googleスプレッドシート」に対するサードパーティー製アドオン各種をリリースした。両ツールをモバイル端末で使いやすくするものだ。

 Googleは、これらのアドオンの開発にあたり、サードパーティー8社と提携した。例えば、「DocuSign」は、あらかじめGoogleドキュメントに保存された文書を取り出し、シンプルな操作で電子署名ができるアドオンだ。

 「DocuSignによる安全かつ信頼性のある署名と、『Google Apps』のパワーおよびスピードを組み合わせることで、生産性を新たなレベルに引き上げる」と、DocuSignはブログで説明している。

 ほかにも、「ProsperWorks CRM」のデータをGoogleスプレッドシートに取り込むProsperWorksの「Customer Report Builder」や、印刷された文書をスキャンし、抽出した情報を別の文書に挿入することを可能にする「Scanbot」などのアドオンがある。

 Googleは今回、上記以外にもAppSheet、PandaDoc、ZohoCRM、Teacher Aide、EasyBibなどとも提携している。


 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加