Linux版「Skype」のアルファ版がリリース--WebRTCを採用

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年07月15日 11時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間7月13日、Linux版「Skype」アプリのアルファ版「Skype for Linux Alpha」をリリースした。

 この新しいクライアントアプリはWebRTC(Web Real-Time Communication)クライアントで、Skypeの新しい通話機能のアーキテクチャを利用している。つまり、Skype for Linuxユーザーは、「Windows」「Mac」「iOS」「Android」版Skypeのユーザーとは通話できるが、古いSkype for Linuxクライアントを利用しているユーザーとは通話できなくなるということだ。

 新しいアルファ版Skype for Linuxクライアントは、Microsoftのウェブサイトからダウンロードできる。

 Microsoftはさらに13日、「Chromebook」またはLinux版「Chrome」ブラウザを利用している人は誰でも、Skypeを利用して1対1またはグループでの音声通話ができるようになったと発表した(Chromebookユーザーはすでに、Skypeでメッセージのやり取りはできるようになっていた)。

 同日より、ChromebookまたはLinux版Chromeを利用している人なら誰でも、「web.skype.com」にアクセスしてこの機能を使えるようになった。

 Microsoftは次のように述べている。「これもWebRTCをベースにしたSkypeのアルファ版であり、『Skype for Linux』クライアントのアルファ版と同じ機能を引き継いでいる。これは当社にとって、『Microsoft Edge』以外でもORTC(Object RTC)機能を利用できるようにする最初の一歩だ」

 Microsoftのブログ投稿によると、ビデオ通話機能や固定電話および携帯端末との通話機能は、Linux版ChromeブラウザとChromebook向けに「近いうちに提供開始」されるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加