グーグル、「Android Wear」スマートウォッチを開発している可能性

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年07月07日 10時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Android Policeが匿名情報筋の話として報じたところによると、Googleが「Google Assistant」を統合した「Android Wear」スマートウォッチ2機種の開発に取り組んでいる可能性があるという。

 それらのスマートウォッチは「Nexus」ブランドの製品になる可能性もある。1つは大型モデルで、GPSや心拍数モニタ、LTEなどの機能を搭載する。小型モデルはLTEやGPSをサポートしない。

 Android Policeは予想される両機種の外観についても、詳細に紹介している。それによると、いずれのスマートウォッチにも円形のディスプレイが搭載されるという。大型モデル(「Angelfish」という名称になると思われる)の直径は43.5mmで、小型モデル(「Swordfish」)の直径は42mmだという。

 Android Policeの報道によると、Googleはハードウェア以外に、通知やアプリなどのコントロールへのアクセスを改善する新しい文字盤の開発にも取り組んでいる可能性があるという。

Googleは、AngelfishとSwordfishという開発コード名のAndroid Wear搭載スマートウォッチに取り組んでいる可能性があるという。
Googleは、AngelfishとSwordfishという開発コード名のAndroid Wear搭載スマートウォッチに取り組んでいる可能性があるという。
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加