logo

MS、VR対応のXbox新モデル「Project Scorpio」を2017年にリリースへ

Sean Hollister (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年06月14日 09時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小型化された新しい「Xbox One S」は始まりにすぎない。Microsoftは、「Xbox One」のさらに強力なモデルで仮想現実(VR)に対応した「Project Scorpio」も用意している。Scorpioは、2017年のホリデーシーズンにリリースされる予定だ。

 Microsoftによると、Scorpioはこれまでで最も高性能な6テラフロップスのGPUを搭載し、60ヘルツ、4K解像度で十分にゲームを表示できる性能だという。同日に発表された「Xbox One S」は、4K動画再生に対応するが、必ずしも4K解像度でゲームをプレイできるわけではないようだ。

 Xboxの開発者は、「完全に非圧縮のピクセルを表示できる」と述べている。Microsoftによると、「新しいコンソールは既存のXbox Oneのゲームをすべて利用可能で、すべてのXbox One用アクセサリと連携する」という。

Microsoftは次期Xboxの内部を垣間見せた。
Microsoftは次期Xboxの内部を垣間見せた。
提供:Screenshot by Jacob Krol/CNET

 Scorpioは、これまでのXbox Oneと同様に8コアCPUを備える。Scorpioと連携するVRヘッドセットについて、Microsoftは明らかにしていないが、イベント前にOculusとの提携がうわさされていた。VRバージョンの「Fallout 4」がScorpioで利用可能となるゲームであることをMicrosoftは示唆したが、このゲームは「Oculus Rift」ではなく「HTC Vive」向けに発表されている。

 Xboxの責任者Phil Spencer氏は以前、独自のXbox用VRヘッドセットを開発する計画はないと述べていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集