トヨタ自動車とUber、ライドシェア領域での協業を検討開始

Jon Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年05月25日 11時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界中でライドシェアリングとカーシェアリングの人気が高まり、自動車の利用方法が変化する中、トヨタ自動車(トヨタ)とUberがライドシェア領域における協業を検討する旨の覚書を締結した。これにより両社は、ライドシェアビジネスが拡大している国や地域において試験的な取り組みを始めながら、協業を模索していく。また、今回の合意では、トヨタがUberに出資することも決まったが、金銭面の詳細は明らかにされていない。

 さらに、トヨタは、顧客がUberドライバーとして得た収入から車両のリース料を支払うことのできる新しいリースオプションも提供する。リース期間は柔軟なものになり、特定のドライバーのニーズに応じて設定可能となる予定だ。これはUberが現在提供している「Vehicle Solutions」に基づくものとなる。

 トヨタとUberは、Uberドライバーをサポートする車載アプリの開発や、トヨタ車およびレクサス車をUberに販売する特別フリートプログラムなど、ほかの分野での協業も視野に入れている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加