Google I/O 2016

グーグル「Android N」、ベータ版が提供開始--分割画面ビューなどの新機能を搭載

Richard Nieva Dan Graziano (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年05月19日 10時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間5月18日、最新版「Android」の新しい機能の数々を披露した。

 これまでの情報を追ってきた人にとって、驚くべき情報は少ない。これまでの2年間、Androidの新版はGoogle I/Oでお披露目されてきたが、2016年はスケジュールを前倒しし、3月にAndroid Nの開発者向けプレビュー版が披露されている。

 新機能には、分割画面ビューが含まれる。さらに、通知から直接テキストに返信することも可能になる。

 最新版Androidには、「Doze on the Go」と呼ばれるバッテリ節約機能も搭載される。「Android Marshmallow」のリリース時、Googleは「Doze」と呼ばれる機能を発表した。これは、ユーザーが一定時間スマートフォンを使っていない場合、スマートフォンによるバックグラウンドコンピューティングの実行を停止する機能だ。ただし、Doze機能が有効になるのは、スマートフォンが完全に静止した状態にあるときだけだ。Doze on the Goでは、スマートフォンユーザーが移動中でもDoze機能が動作する。

 ゲーム開発者は「Vulkan」と呼ばれるクロスプラットフォームの3DグラフィックスAPIを通して、端末のGPUを直接制御できるようになる。

 さらに、Androidのエンジニアリング担当バイスプレジデントを務めるDavid Burke氏は、Androidランタイムの改善によって、アプリの占有する容量が少なくなり、インストール速度も75%高速化することを強調した。「Android N」には、72種類の新しい絵文字のサポートも含まれる。

 Android Nの正式版は2016年夏にリリース予定だ。ベータ版は18日、「Nexus 6P」「Nexus 5X」「Nexus 6」「Nexus 9」、および「Pixel C」タブレット向けにリリースされるので、これらの端末の所有者は同OSのテストを開始することができる。

今夏に提供が予定されている「Android N」。ベータ版の提供が5月18日に「Nexus 6P」などの一部端末に向けて開始された。
今夏に提供が予定されている「Android N」。ベータ版の提供が5月18日に「Nexus 6P」などの一部端末に向けて開始された。
提供:Oscar Gutiérrez/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加