Google I/O 2016、間もなく開幕--グーグル開発者会議の発表内容を予測

Sarah Mitroff (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年05月18日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは2016年、Google I/Oの開催場所を同社本社に戻す。サンフランシスコのコンベンションセンターではなく、本社の裏庭にある(というわけでもないが)ショアラインアンフィシアターの野外コンサート会場で開催される。Google I/Oは本来、Googleプラットフォームの利用について開発者に伝えるのが目的のイベントだが、大きな注目を集めているのは、インターネット大手である同社の製品のアップデートや、まったく新しい大きな発表があると期待されているからだ。

 Googleが同イベントで何を披露するのか定かではないが、公式日程とうわさをもとに推測するのは難しくない。ここでは、筆者がGoogle I/O 2016の発表内容として予測しているものを紹介する。

仮想現実がさらに前進

 2016年はすでに、仮想現実(VR)の年と言えるほどの状況になっている。カンファレンスのスケジュールに「VR at Google」(GoogleのVR)というセッションを用意して、GoogleもVRのアピールを忘れていない。これは当然だろう。同社は数年前のGoogle I/Oから仮想現実と拡張現実(AR)を取り上げてきたからだ。安価なポータブルVRビューア構想「Google Cardboard」は、過去2回のGoogle I/Oで紹介されており、2016年に新しい展開が見られる可能性は高い。

「Google Cardboard」のバージョン2.0。2016年のGoogle I/Oで、3.0は登場するのか。
「Google Cardboard」のバージョン2.0。2016年のGoogle I/Oで、3.0は登場するのか。
提供:Caitlin Petrakovitz/CNET

 確かに、VR関連のうわさは多く流れている。IT界のカリスマPete Rojas氏(GizmodoとEngadget両方の創始者)は米国時間5月11日、「来週はAndroid VRが必ず発表される」とツイートしており、さらに「スタンドアロンのヘッドセットだろう」とも述べている。その翌日には、同氏の発言をある程度裏付ける可能性のある報道があった。Google I/Oの開発者向けツールリストに「Google VR」というプレースホルダセクションがあると、Android Policeが報じた。

 VRの詳細な見通しについては、米CNETのScott Stein記者が、Google I/OでVRに望むことを書いているので、そちらのウィッシュリストも見てほしい。

「Project Tango」の進展に期待

 Project TangoがGoogle I/Oで取り上げられるのは、日程表にある多数セッションから、確実と言っていいだろう。モーショントラッキングとマッピングの技術は、GoogleのVRとARへの取り組み(上述)に直結しているため、これは納得できる。「HTC Vive」の持ち主が口を揃えて言うように、ゴーグルを装着しているときに現実世界の障害物をよけるためには、「室内をマッピング」する必要がある。

Project Tangoは、出口を示す矢印や浮遊するボックスなど、実際にはそこにないものを見せてくれる。
Project Tangoは、出口を示す矢印や浮遊するボックスなど、実際にはそこにないものを見せてくれる。
提供:Lynn La/CNET
  • このエントリーをはてなブックマークに追加