logo

甲冑展示や左官体験、高木渉さんが語る出演経緯--ニコニコ超会議2016の「超・真田丸」 - 11/11

佐藤和也 (編集部)2016年04月30日 09時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 そんな高木さんが真田丸に出演するきっかけは、人形劇の「シャーロックホームズ」でワトソンを演じていた際、その時の担当プロデューサーが、大河ドラマのプロデューサーも担当しており、「実写だけど合う役があるからやってみない?」と、声をかけられたからだと振り返った。

 撮影は「初めてのことばかりで驚くことが多い」としながらも「ひとつの役を演じるという意味では、とても夢のあるお仕事。両方(声優と俳優)ともやっていけたら」と語った。
Scroll Right Scroll Left

 そんな高木さんが真田丸に出演するきっかけは、人形劇の「シャーロックホームズ」でワトソンを演じていた際、その時の担当プロデューサーが、大河ドラマのプロデューサーも担当しており、「実写だけど合う役があるからやってみない?」と、声をかけられたからだと振り返った。

 撮影は「初めてのことばかりで驚くことが多い」としながらも「ひとつの役を演じるという意味では、とても夢のあるお仕事。両方(声優と俳優)ともやっていけたら」と語った。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]