「MacBook」向けの新たなキーボード特許が公開--アップルが従来の問題点を指摘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 とても薄いAppleのノートPC「MacBook」だが、あの厚みのないボディにキーボードが収められているのは驚異的だ。ところが米国特許商標庁(USPTO)のサイトに掲載されたAppleの特許をみると、Appleはこれに満足せず、さらに進化したより薄く、壊れにくく、汎用性の高いキーボードをノートPCに搭載しようとしているらしい。

公開されたAppleの特許(出典:USPTO)
公開されたAppleの特許(出典:USPTO)

 この特許は、押された力を検知できる接触センサ層といった複数レイヤを重ね、可動部品を使わずにノートPCなど向けのキーボードを実現する技術。タイトルは「CONFIGURABLE FORCE-SENSITIVE INPUT STRUCTURE FOR ELECTRONIC DEVICES」(公開特許番号「US 2016/0098107 A1」)で、2016年4月7日に公開された。出願日は2015年9月28日。

 Appleは、キーが動く従来のキーボードにさまざまな問題があると指摘する。例えば、ごみが入り込むと動きが悪くなったり、電子部品がダメージを受けたりする。ぶつけたり落としたりしたときの機械的衝撃にも弱い。構成する部品の種類と数が多く、故障リスクも高くなる。また、Appleは特許内で触れていないが、部品および組み立ての高コストも短所だ。

 これに対しAppleは、各種センサ層や支持層などを重ねてキーボードとして使う技術を特許として出願した。指などで押した力をセンサで認識し、入力処理に結びつける。クレーム(請求項)では、接触フィードバックを生成させる技術もカバーしている。

複数層でキーボードを実現。接触フィードバックにも対応可能(出典:USPTO)
複数層でキーボードを実現。接触フィードバックにも対応可能(出典:USPTO)

 また、物理的なキーの制約から解放されるので、キーボードのレイアウトもオンデマンドで自由に変えられる。実施例では、キーボード部分を大きなトラックパッドのように使う例も説明されていた。

既存のノートPC用キーボードのように使う実施例(出典:USPTO)
既存のノートPC用キーボードのように使う実施例(出典:USPTO)
大きなトラックパッドのように使う実施例(出典:USPTO)
大きなトラックパッドのように使う実施例(出典:USPTO)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加