logo

パナソニック、ハイレゾ再生対応のBDプレーヤー--業界最小モデルも

加納恵 (編集部)2016年04月05日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは4月4日、BDプレーヤーにネットワーク機能を備えた「DMP-BDT180」(想定税別価格:1万5000円前後)と横幅245mmのコンパクトサイズを実現した「DMP-BD88」(同:1万1000円前後)の2機種の新製品を発表した。いずれも5月20日に発売する。

 両機種ともに1秒以下の「高速起動・高速トレイオープン」を備えたほか、JPEG、MP4、MPEG2、MP3、WMA、WAV、ALAC、DSD(5.6MHz/2.8MHz)、FLAC、AAC、MKVなど、ハイレゾ音源ファイルを含む再生に対応する。

 BDT180は、NETFLIX、Hulu、YouTubeなどの映像配信サービスに対応。BDレコーダー「ディーガ」の録画番組の視聴もできる「お部屋ジャンプリンク」などネットワーク機能を搭載する。

 BD88は、高さ38.5mm×幅245mm×奥行き175mmで、重量約0.8kgのコンパクトサイズ。狭いスペースにもすっきりと設置できる。

上から「DMP-BDT180」、「DMP-BD88」
上から「DMP-BDT180」、「DMP-BD88」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集