logo
Microsoft Build

MS、「Xamarin」を「Visual Studio」に組み込み無料提供へ--コア技術をオープンソース化

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年04月01日 08時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、「Xamarin」のソフトウェア開発キット、ランタイム、ライブラリ、コマンドラインツールをオープンソース化する計画である。

 また、Xamarinのエンタープライズ機能を「Visual Studio Enterprise」および「Visual Studio Professional」に追加コストなしで組み込む予定であることを、Microsoft関係者らは米国時間3月31日、開発者会議「Build 2016」の2日目の基調講演で明らかにした。さらに同社関係者らは31日、「OS X」向けの「Xamarin Studio」を、個人や小規模チーム向けに「Community Edition」として無料で提供すると述べた。

 この発表は、31日のBuild参加者らによって盛大な拍手で迎えられた。

 Microsoftは2月24日に、クロスプラットフォームのモバイル開発ツールベンダーであるXamarinを買収した。買収価格は公表されなかったが、Bloombergは約4億ドルと見積もっていた

 MicrosoftがXamarinを買収する計画だといううわさは数年前から出回っていた。

 C#開発者はXamarinのツールを使用することによって、「iOS」「Android」「Windows」用のアプリを構築することができる。これまで、Xamarinの価格に不満を抱く開発者は多かった。

 Microsoft幹部らは、Xamarin SDKのコアコンポーネントを.NET Foundationに公開する予定だと述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集