logo

アップル、「Safari」のテクノロジープレビューを公開

ZDNet Japan Staff2016年03月31日 12時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが米国時間3月30日、ウェブブラウザ「Safari」のテクノロジープレビューを開始した。開発者向けに最新のSafariの機能への早期アクセスを提供するものとなり、同日公開したRelease 1ではECMAScript 6のサポート強化などが加わっている。

 ブラウザエンジン「WebKit」は開発者向けにNightlyとして最新機能を提供しているが、このたびのテクノロジープレビューは開発者がよりアクセスしやすいように既存のSafariと並行して利用できるようにした。デフォルトのブラウザとして設定することも可能という。

 既存のSafariとは別に、履歴、ブックマーク、クッキー、キャッシュ用のローカルデータを保存する機能を持ち、iCloudの同期機能を有効にしている場合、ブラウザの履歴とブックマークをiCloud経由で同期できる。Developメニューはデフォルトで有効になっている。インストール後はMac App Storeを経由して、2週間おきにアップデートされるという。

 JavaScript側では、ECMAScript 6のサポートを拡大した。データ管理のためのIndexedDBのサポートも強化された。また、低遅延、高スループットのB3 JavaScript JITコンパイラを搭載する。

 HTML関連も強化した。Shadow DOMの最新の仕様に対応したほか、Content Security Policy Level 2もサポート。

 SafariテクノロジープレビューはMac OS X(10.11.4以降)のみに対応、AppleのDeveloperページよりダウンロードできる。

-PR-企画特集