IoTから自動翻訳まで--ピクセラ新規事業の未来感がスゴイ - 9/13

加納恵 (編集部)2016年02月25日 08時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 翻訳事業では、タブレットに向かって話すだけで日本語から英語、中国語、韓国語に相互翻訳できる「音声翻訳タブレット」も披露した。

 ボタンを押して話すと、話した言葉をそれぞれの言語に翻訳して表示するほか、音声出力もできる。デモでのタイムラグは数秒で、応答速度は速いと感じた。

 対応言語は英語、中国語、韓国語だが、将来的には20数カ国語に対応できるとのこと。
Scroll Right Scroll Left

 翻訳事業では、タブレットに向かって話すだけで日本語から英語、中国語、韓国語に相互翻訳できる「音声翻訳タブレット」も披露した。

 ボタンを押して話すと、話した言葉をそれぞれの言語に翻訳して表示するほか、音声出力もできる。デモでのタイムラグは数秒で、応答速度は速いと感じた。

 対応言語は英語、中国語、韓国語だが、将来的には20数カ国語に対応できるとのこと。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]