グーグルのシンクタンク「Google Ideas」、「Jigsaw」に改名--世界の地政学的課題に取り組む

Jake Smith (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2016年02月18日 10時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのシンクタンク「Google Ideas」がテクノロジのインキュベーターに拡大改編され、名前も「Jigsaw」と改められた。AlphabetのEric Schmidt会長が米国時間2月16日に発表した。

 Jigsawのミッションは、「暴力的過激主義への対策からオンライン検閲の阻止、デジタル攻撃に伴う脅威の軽減に至る、最も困難な地政学的課題に取り組む」ことだとSchmidt氏は述べている。

 Google Ideasを2010年から率いていたJared Cohen氏が、Alphabetの子会社となる同シンクタンクの代表に就任する。

 シンクタンクとして設立されたGoogle Ideasの当初の目的は、より多くのユーザーにインターネットを提供するための方法を研究することだった。Alphabet傘下で拡大改編されるJigsawは、Googleの持ち株会社であるAlphabetが所有する10番目の企業となる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加