アップル、J・ウィリアムズ氏をCOOに任命--App StoreはP・シラー氏が統括 - (page 2)

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年12月18日 07時31分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の幹部陣刷新は、Appleにとって重要なタイミングで実施されている。同社は、2014年に発表された「iPhone 6」によって世界で最も利益がある企業となったが、一部では、Appleの自社スマートフォンに対する依存度が心配されている。同社売上高の3分の2が同スマートフォンから得られており、新しい製品ラインである「Apple Watch」やApple Musicは同社にとって大ヒット商品とはまだなっていない。

 Williams氏は、Appleのオペレーション担当シニアバイスプレジデントを2010年半ばから務めており、同社CEOを務めるTim Cook氏の「Go-to guy」(頼りになる人)や「Tim Cook's Tim Cook」(Tim CookのTim Cook)とみなされてきた。同氏は、中国製造業者であるFoxconnとの関係を含めて、Appleの大規模なサプライチェーンと機器製造を統括している。各種製品が予定通りに出荷され、需要を満たすようにすることがWilliams氏の役目である。

Appleがハードウェア技術担当シニアバイスプレジデントに任命したJohny Srouji氏
Appleは、Johny Srouji氏をハードウェア技術担当シニアバイスプレジデントに任命した。
提供:Apple

 Williams氏は、1998年にワールドワイド調達部門の責任者としてAppleに加わり、2004年にオペレーション担当バイスプレジデントに昇格した。2007年には、「iPhone」発売に伴うAppleの携帯電話市場参入において「重大な役割を担った」と、同社の幹部紹介ページには記されている。

 Williams氏は最近、Apple Watch開発の統括という新たな役割も担っている。349ドル〜1万7000ドルの価格で販売されている同スマートウォッチは、2010年の「iPad」以来初となるAppleの新しい製品カテゴリとして2015年4月に発売された。

 一方、Srouji氏は、2008年にAppleに入社し、同社が設計した初めてのプロセッサである「A4」チップの開発を統括した。Srouji氏は同社において、「バッテリ、アプリケーションプロセッサ、ストレージコントローラ、センサチップ、ディスプレイチップ、その他のチップセットなど、Appleの全製品ラインにわたる画期的なカスタムチップおよびハードウェア技術」を統括してきたと同社は記している。

新COO任命を含む幹部陣の刷新を発表したApple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]