グーグルの「Android Pay」、Androidアプリ内で利用可能に

Scott Webster (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年12月16日 07時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのモバイル決済システム「Android Pay」が、近くの店舗以外でも利用できるようになった。Googleは米国時間12月15日、米国においてAndroid Payを使用して商品やサービスを購入することが同システムに対応する「Android」アプリケーションやゲーム内で可能になったと発表した

 モバイル決済分野における競争は激化している。スマートフォンでの購入総額は、2018年までに1000億ドルを超えるとeMarketerは予測している。9月に初めて提供開始されたAndroid Payには、American Express、Discover、MasterCard、Visaのクレジットカードおよびデビットカードに加えて、ポイントカードやギフトカードを登録できる。

 15日からは、「Fancy」「Lyft」「HotelTonight」「Jack Threads」といった人気アプリ内で決済オプションとしてAndroid Payが表示されるようになる。予約アプリ「OpenTable」で決済すると20ドルの割引が得られるなど、Googleの決済システムの利用開始を促す期間限定の特典が用意されている。ライドシェアリングサービスのLyftや宅配サービス「DoorDash」などのアプリでも特典が用意されている。

 Googleは同社プラットフォーム、つまりAPIも、Android Payを決済オプションとして追加したいと考えるアプリケーション開発者向けに公開している。今後数カ月間で、読者のお気に入りのアプリやゲームのさらに多くに、仮想商品や実商品を購入するための手段としてAndroid Payが組み込まれる可能性がある。

 今後の予定としてGoogleは、2016年前半にオーストラリアにおいて、ANZおよびWestpacといった銀行を通してAndroid Payを利用可能にする予定だ。

Android Payは、Androidアプリ内での購入を簡略化し安全にする。
Android Payは、Androidアプリ内でのモバイル購入を簡略化し安全にする。
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加